スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カッパ捕獲許可証

2011.03.03.Thu.20:21
 なんか現実世界のイーハトーブ県では、「カッパ捕獲許可証」なるものを発行してるらしいですね。で、それを使って仁王のドリーム書こうと思ってたことがあったんですが、せっかくの捕獲許可証という面白い素材の活かし方が思いつかなかったので、結局書きませんでした。なにかに使えるかもしれないので、思いついたストーリーだけ、以下に書いておきます。

★ストーリー★

 仁王と主人公は高校3年生の設定(クラスメイト)。進路を決めなくちゃいけないのに、仁王はふざけたことばかり言って、先生を困らせている。

 ある日、主人公が職員室の前を通りかかったら、進路指導の先生から仁王が怒られている現場に遭遇する。仁王はのらりくらりと先生をかわして、ついでに主人公をダシにしてその場を逃げる。

 助かったと言われながらジュースを奢って貰う主人公。なにがあったのか理由を聞くと、仁王が進路希望に『プロのカッパ捕獲人になる』と書いたら怒られたという。そりゃ怒るよと呆れる主人公に悪戯っぽく笑う仁王。そして、主人公はカッパの捕獲許可証なるものの存在を知る。そこから特に親しくなかった仁王と主人公の仲が発展していく。具体的には、主人公が仁王の将来を案じて、あれこれお節介するようになるとかそんな感じ(主人公はすでに大学が決まってる)。多分、人のことをあれこれお節介焼く主人公を若干うぜぇと思いつつ、ふざけた態度をとる自分にいつも真剣に向き合うところに惹かれる仁王(?)。

 だいぶ仲良くなったある週末、突然家を訪ねて来た仁王に「一緒にカッパを捕獲しに行こう」的なことを言われて、主人公、わけがわからないまま出かける支度をして電車に飛び乗る。岩手県まで連れて行かれると思って青ざめてたら、そうでもなかった。なぜか東京方面に出てきて、山手線に乗り換えて、ぐるぐる回る電車の中で仁王が主人公に色々なことを話す。※どこか近所の川の近くでも可。

 多分仁王はもう進路はとっくの昔に決めてて、でもそれを周りに悟られたくないとかいう天邪鬼なのか恥ずかしがり屋なのかよくわからない性格をフルに発揮して、先生含めた学校の皆を撹乱していた……ようなことを話す。その話の最後辺りで告白タイム。いつの間にか時間は夕方で、電車の窓から差し込む夕日と、突然の告白で真っ赤になる主人公。

 それを見て仁王が、カッパは遠出して捕獲しなくても、目の前にいるみたいなことをほざく。※岩手県某所のカッパは赤いのが特徴。クライマックスなので、もうちょっと気の利いた台詞をひねり出して、落ちも作る。

(お・わ・り☆)

 カッパ捕獲許可証めっちゃ欲しい、です……。

 ところで、パソコン壊れてました。しかし、HDDがクラッシュしたわけではないのでデータは無事です。ついでにパソコン新調しました。OSはWindows7です。前のパソコンは能力が低すぎたので、スペック的な意味であきらめてたゲームがあったんですが、新しいのにしてからは動いてくれるようになりました。今は、データを移し変えたり、ソフトを入れたりと、以前よりも快適なPC環境目指してうごうごうごめいてます。愛用してたフリーソフト類も、Windows7でもほぼ動いてくれるので問題はありません。

 あと、XBOX360の「LEFT 4 DEAD」にはまってます。1作目も2作目も、それぞれ個性的なキャラクターは動かしていて楽しいし、よく作られたゲームシステムが快適で、何度でも遊びたくなる名作なのです。ゾンビゲーとして、バイオもDEADRISINGも大好きだけど、私的にはそれを超えるヒットです。もともとオンラインでのプレイを前提にしているので、一回のプレイ時間が(プレイヤーの腕と選択したステージにもよるけど)長くても2時間くらい。短いのでは30分程度。やるたびにアイテムや敵の配置が違うので、飽きもない。凄いゲームです。追加キャンペーンやりたいがために、初めてゲイツポイント(※マイクロソフトポイント。1ポイント=1.5円)購入しました。そろそろ新しいキャンペーン追加されるらしいので、自分はドキがムネムネしています。あ、ちなみに自分はオフ専門プレイです。知らぬ人とゲームなど、恐ろしくてできぬのです><

 にしても、2月前半に復帰予定が、もう3月ですか。時が過ぎるのは早いですね。有言不実行になってしまって申し訳ないです。それと、拍手ありがとうございました!
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。