スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄方言辞典

2010.05.15.Sat.23:02
 手のひらサイズ……いや、もっと小さいな。小指の長さと同じくらいのサイズの「沖縄方言辞典」なる物(キーホルダーにもなる優れもの!?)を持ってるんです。上手いのか下手なのかよくわからないハイビスカスのイラストが表紙です。

-------------
 OKINAWA ●
  WORD
  BOOK

  沖縄
 ●方言
-------------

 ●はハイビスカスのイラストの代用です。方言の『方』にはハイビスカスがカブっています。裏表紙は、沖縄県のイラストと、上手いのか下手なのか(略)ヨットの絵が描いてあります。

 中を覗いてみましょう。「わかりやすい沖縄ことば 沖縄方言 メンソーレー いらっしゃいませ」と書いてあります。私はどうやら沖縄に迷い込んだようですね^^ こんにちは失礼しますよ。

 ●はハイビスカスのイラストの代用です。方言の『方』にはハイビスカスがカブっています。裏表紙は、沖縄県のイラストと、上手いのか下手なのか(略)ヨットの絵が描いてあります。

 中を覗いてみましょう。「わかりやすい沖縄ことば 沖縄方言 メンソーレー いらっしゃいませ」と書いてあります。私はどうやら沖縄に迷い込んだようですね^^ こんにちは失礼しますよ。

 その次のページは目次で、その次は多分編者のあいさつ文みたいなのが載ってます。それによると「旅行にきた人間が土地の言葉を喋ると、土地の人間からは親しみを持たれる(一部抜粋)」ってなことが書いてあります。「どんなにその土地の人々にしたしみをもたれることか」もたれることかって……しらねーよ。だいたい方言のある地方の人間は、他県の人間が方言の真似事をすると、軽くイラつくものだと思っていましたが……。なんだか、天然系不思議さんのにほひがします。次へ行きます。

 軽く沖縄県の地名の紹介があったあと、よく使われる日常会話のページがあります。挨拶が中心で、これは大変ためになると思います。次へ行きましょう。辞典としての本領発揮です。単語の紹介です。なるほどとペラ読みしていくと、いきなりわからない単語が出てきました。「きゆす」ってなんですか……? きゆす……検索しても出てこねーよ! ウチナーグチでチューカーっていうらしい。チューカー。駄目だ、この辞典とまったく同じ単語を羅列したサイトが引っかかりやがります。チューカアで検索。あっ、急須のことかΣ( ̄□ ̄;) 急須→きゆす ですね。段々不安になってきました。

 小便→シーバイ なるほど。観光系のサイトには載ってない、いわゆる汚い言葉も載っています。すげぇ。死んだ→ケーマーチョーン こんな言葉まで。せんいん→フナ ヌイ 字面からすると船員でいいのかな。てか船員じゃなくて、言葉からすると、船乗りなんじゃないか……。 初恋の人→ウムヤーグヮー ニヤニヤ。

 そんな感じで突っ込みどころ満載だったり、ニヤニヤしたりする単語を満喫したら、会話の一例がしばらく続きます。やっぱり突っ込みどころがあったりします。

・あなたが好きです→ワンネー ウンヂュガ シチャイビーン
・あなたは嘘つきね→ウンヂョウ ユクシムナー ヤサ
・私の心のうちは誰にも言えない→ワンガ ンニウチヤ ターニン イララン

 なにがあった。

・ひもじくなった→ヤーシクナトン
・どこかににげよう→マーガナンカイ ヒンギティイカナ

 だからなにがあった。

・油虫(ゴキブリ)がおおい→フィーラーウウサン

 やめれ!

・なんでそんな事を言ったの→ヌーガ ウンナクト イチャガ

 あんたがだよ!

 と突っ込みつかれた頃、沖縄民謡を紹介するページに移ります。っていうか、この本の残り半分くらいをまるっと使って、沖縄民謡を掲載しています。有名な「ハイサイおじさん」、田仁志君も歌った「芭蕉布」などがあります。

 お疲れ様です。ここまで読んでくださってありがとうございました。私も突っ込みすぎて疲れたので、寝ます。

※ちなみに、私ふなこと鮒は、ターイユって言うらしいです。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。